セレナ セレナのリコールのお知らせ 2013年10月31日

セレナ セレナのリコールのお知らせ 2013年10月31日


 
リコール届出番号 3248 リコール開始日 2013年11月1日
基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因 高圧燃料ポンプにおいて、ポンプカバーの形状が不適切なため、外気温が極めて低い場合に走行風の影響を受け、燃料中の水分がポンプ内のフィルタ部で氷結することがあります。 そのため、当該フィルタが詰まり、警告灯が点灯するとともにエンジンが不調となり、最悪の場合、走行中にエンストするおそれがあります。
改善の内容 当該ポンプカバーを対策品と交換するとともに、エンジン制御コンピュータのプログラムを修正します。
  • リコール対象車の含まれる車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれておりますので、詳細につきましてはお買い求めの販売会社までお問い合わせ下さい。
  • リコール対象車の製作期間は、ご購入の時期とは一致しておりません。
  • 車台番号は、車検証に印刷されております。
型式 通称名 リコール対象車の
含まれる車台番号の範囲
リコール対象車の
製作期間
リコール対象車の
台数
備考
DBA-FC26 セレナ FC26-000001
〜FC26-086596
平成22年11月15日
〜平成24年6月30日
83,041台  
DBA-FNC26 FNC26-000001
〜FNC26-025418
平成22年11月16日
〜平成25年7月30日
18,081台
DBA-C26 C26-000001
〜C26-064033
平成22年11月16日
〜平成25年7月31日
50,035台
DBA-NC26 NC26-000001
〜NC26-014597
平成22年11月15日
〜平成25年7月30日
12,838台
DAA-HFC26 HFC26-000001
〜HFC26-164592
平成24年7月3日
〜平成25年8月22日
62,475台
DAA-HC26 HC26-000001
〜HC26-085481
平成24年7月3日
〜平成25年7月31日
25,387台
(計6型式) (計1車種) (製作期間全体の範囲)
平成22年11月15日〜平成25年8月22日
合計 251,857台

セレナ セレナの保証期間延長などその他のお知らせ 2013年1月24日

セレナ セレナの保証期間延長などその他のお知らせ 2013年1月24日


  旧型セレナ他2車種のエンジンマウンティングに関する保証期間延長について
 
 
 
保証延長の内容 急加速のような運転を繰り返し行った場合に、左エンジンマウントのゴム部分が損傷して、不快なエンジン振動、または発進時に前方から異音が発生するおそれがあります。そのため、当該現象については保証期間を下記の通り延長させていただきます。
【従来の保証期間】
新車登録から5年間。ただし、その期間内でも走行距離10万kmまで

【変更後の保証期間】
新車登録から9年間。(期間内であれば、走行距離の制限はありません)
修理内容 上記のような現象が発生し、日産販売会社で点検の結果、当保証期間延長に該当する場合は、エンジンマウントインシュレータを交換(無償)させていただきます。
お客さまへのお願い ご愛用の皆様には、ご多用のおり誠に申し訳ございませんが、上記のような現象が発生した場合は、最寄りの日産へ来店日時をご連絡いただき、点検をお受けいただきますようお願い申し上げます。

・上記現象であっても原因が異なる場合は、有償修理となります。
・保証延長対象車の含まれる車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれておりますので、

 


・車台番号は、車検証に印刷されております。

型式 通称名 保証延長対象車の
車台番号の範囲
保証延長対象車の
製作期間
備 考
CBA-C25
DBA-C25
セレナ C25-000001
〜 C25-142316
平成17年4月
〜 平成18年9月
 
DBA-CC25 CC25-000001
〜 CC25-009606
平成18年5月
〜 平成18年9月
CBA-NC25
DBA-NC25
NC25-000001
〜 NC25-059581
平成17年4月
〜 平成18年9月
DBA-CNC25 CNC25-000001
〜 CNC25-001799
平成18年5月
〜 平成18年9月
CBA-B30
DBA-B30
ラフェスタ B30-000001
〜 B30-113654
平成16年6月
〜 平成22年6月
CBA-NB30
DBA-NB30
NB30-000001
〜 NB30-102429
平成16年6月
〜 平成22年6月

セレナ セレナの保証期間延長などその他のお知らせ 2013年1月24日

セレナ セレナの保証期間延長などその他のお知らせ 2013年1月24日


 

  旧型セレナ他2車種のプルダウンロッドに関する保証期間延長について
 
 
 
 
保証延長の内容 急減速や、後退時の急発進のような運転を繰り返し行った場合に、プルダウンロッドのゴム層が摩耗して、異音が発生するおそれがあります。そのため、当該現象については保証期間を下記の通り延長させていただきます。
【従来の保証期間】
新車登録から5年間。ただし、その期間内でも走行距離10万kmまで

【変更後の保証期間】
新車登録から9年間。(期間内であれば、走行距離の制限はありません)
修理内容 上記のような現象が発生し、日産販売会社で点検の結果、当保証期間延長に該当する場合は、プルダウンロッドを交換(無償)させていただきます。
お客さまへのお願い ご愛用の皆様には、ご多用のおり誠に申し訳ございませんが、上記のような現象が発生した場合は、最寄りの日産へ来店日時をご連絡いただき、点検をお受けいただきますようお願い申し上げます。

・上記現象であっても原因が異なる場合は、有償修理となります。
・保証延長対象車の含まれる車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれておりますので、
詳細につきましてはお買い求めの販売会社までお問い合わせ下さい。
・保証延長対象車の製作期間は、ご購入の時期とは一致しておりません。
・車台番号は、車検証に印刷されております。

型式 通称名 保証延長対象車の
車台番号の範囲
保証延長対象車の
製作期間
備 考
CBA-C25
DBA-C25
セレナ C25-000001
〜C25-505877
平成17年4月
〜平成22年9月
 
DBA-CC25 CC25-000001
〜C25-391042
平成18年5月
〜平成22年10月
CBA-NC25
DBA-NC25
NC25-000001
〜NC25-363759
平成17年4月
〜平成22年8月
DBA-CNC25 CNC25-000001
〜CNC25-314418
平成18年5月
〜平成22年8月
CBA-B30
DBA-B30
ラフェスタ B30-000001
〜B30-300004
平成16年6月
〜平成22年6月
CBA-NB30
DBA-NB30
NB30-000001
〜NB30-300001
平成16年6月
〜平成22年6月
 

セレナ セレナの保証期間延長などその他のお知らせ 2013年1月24日

セレナ セレナの保証期間延長などその他のお知らせ 2013年1月24日


 

  旧型セレナ他2車種のフロントサスペンションメンバーに関する保証期間延長について
 
 
 
 
保証延長の内容 急加速のような運転を繰り返し行った場合に、フロントサスペンションメンバのゴム部分が損傷して、不整路走行などでフロント下回りより異音が発生するおそれがあります。そのため、当該現象については保証期間を下記の通り延長させていただきます。
【従来の保証期間】
新車登録から5年間。ただし、その期間内でも走行距離10万kmまで

【変更後の保証期間】
新車登録から9年間。(期間内であれば、走行距離の制限はありません)
修理内容 上記のような現象が発生し、日産販売会社で点検の結果、保証延長による無償修理をさせていただきます。
お客さまへのお願い ご愛用の皆様には、ご多用のおり誠に申し訳ございませんが、上記のような現象が発生した場合は、最寄りの日産へ来店日時をご連絡いただき、点検をお受けいただきますようお願い申し上げます。

・上記現象であっても原因が異なる場合は、有償修理となります。
・保証延長対象車の含まれる車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれておりますので、
詳細につきましてはお買い求めの販売会社までお問い合わせ下さい。
・保証延長対象車の製作期間は、ご購入の時期とは一致しておりません。
・車台番号は、車検証に印刷されております。

型式 通称名 保証延長対象車の
車台番号の範囲
保証延長対象車の
製作期間
備 考
CBA-C25
DBA-C25
セレナ C25-000001
〜 C25-442144
平成17年4月
〜 平成21年11月
 
DBA-CC25 CC25-000001
〜 C25-312352
平成18年5月
〜 平成21年11月
CBA-NC25
DBA-NC25
NC25-000001
〜 NC25-313291
平成17年4月
〜 平成21年11月
DBA-CNC25 CNC25-000001
〜 CNC25-264663
平成18年5月
〜 平成21年11月
CBA-B30
DBA-B30
ラフェスタ B30-000001
〜 B30-301057
平成16年6月
〜 平成22年10月
CBA-NB30
DBA-NB30
NB30-000001
〜 NB30-300224
平成16年6月
〜 平成22年10月
 

 

セレナ 中古車 買取.png

⇒全車国交省認可工場による法定整備付き・総額表示『セレナの中古車在庫情報』

 

セレナ 中古車 買取1.png

⇒2代目C24型セレナ高価買取中!『買取・査定のご案内』

セレナ セレナのリコールについて リコール開始日 2013年9月27日

セレナ セレナのリコールについて リコール開始日 2013年9月27日


 

 

リコール届出番号 3227 リコール開始日 2013年9月27日
基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因 アクセルペダルの踏み込み量を検知するアクセルセンサにおいて、 アクセルペダルを横方向に押す力が働くような踏み方をした場合に、当該センサ内部の接点の接触力が不足して接触不良を起こすことがあります。 このため、当該センサ信号が出力不良となることで、フェールセーフ制御が作動してスロットルバルブ開度を制限し、加速不良となるおそれがあります。 また、フェールセーフ制御時の吸入空気量設定が不適切なため、スロットルバルブに汚れが堆積している場合に、アイドル回転付近での空気量が不足して、 エンストに至るおそれがあります。
改善の内容 当該アクセルペダル一式を対策品と交換するとともに、 エンジン制御コンピュータのプログラムを修正します。

・リコール対象車の含まれる車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれておりますので、詳細につきましては
お買い求めの販売会社までお問い合わせ下さい。
・リコール対象車の製作期間は、ご購入の時期とは一致しておりません。
・車台番号は、車検証に印刷されております。

型式 通称名 リコール対象車の
含まれる車台番号の範囲
リコール対象車の
製作期間
リコール対象車の
台数
備考
CBA-C25
DBA-C25
セレナ C25-000001
〜C25-505877
平成17年4月14日
〜平成22年9月29日
213,260台  
CBA-NC25
DBA-NC25
NC25-000001
〜NC25-363759
平成17年4月14日
〜平成22年8月26日
39,197台
DBA-CC25 CC25-000001
〜CC25-391042
平成18年5月24日
〜平成22年10月4日
159,804台
DBA-CNC25 CNC25-000001
〜CNC25-314418
平成18年5月25日
〜平成22年8月27日
20

 

 

 

セレナ 中古車 買取.png

⇒全車国交省認可工場による法定整備付き・総額表示『セレナの中古車在庫情報』

 

セレナ 中古車 買取1.png

⇒2代目C24型セレナ高価買取中!『買取・査定のご案内』

セレナ オートパワーウィンドウの故障 スイッチの故障

セレナ オートパワーウィンドウの故障 スイッチの故障


主にセレナの運転席側のオートウィンドウが自動で上がらなくなった、またオートではなくなってしまったというセレナがございます。基本的にはパワーウィンドウ事態が動かなくなってしまったとかではない限り、窓は開きますのでご安心下さい。さて、上がらなくなってしまった原因はスイッチ事態に問題があることが多いようです。

 

 

セレナ071.JPG

このパワーウィンドウのスイッチ部をとります。

セレナ072.JPG

 

セレナ073.JPG

1 まずは、このポケット部分をプラスドライバーでとります。

セレナ074.JPG

2 そしたら、簡単にパカッと外れます。

セレナ075.JPG

3 裏返すとハーネスがあり3本のネジで固定してますので小さ目なドライバーで外します。

その次にこの2本のハーネスを外します。このハーネスを外すのが少し難しいです。

セレナ076.JPG

4 そうすると、このように簡単にとれます。このスイッチを交換します。

セレナ077.JPG

5 同じようにハーネスを付け、3本ネジで固定をし、窓を開けてみます。

開くことを確認します。

セレナ078.JPG

6 同じように取り付けて作業終了。 Good job!

 

※ 部品代、工賃込およそ2万円くらいです。また、セレナに限らずですが、スイッチを押しても窓自体が動かなくなった等であれば窓事態のモーターの不具合が考えられます。そうであったならば、しばし入院が必要です。

 

 

セレナ 中古車 買取.png

⇒全車国交省認可工場による法定整備付き・総額表示『セレナの中古車在庫情報』

 

セレナ 中古車 買取1.png

⇒2代目C24型セレナ高価買取中!『買取・査定のご案内』